失敗しないモデル・タレントになる為の方法

歌手を目指す

無理に練習はしないように注意

歌手を目指してボーカルのオーディションを受けようと思っているならば、のどのコンディションを整えることが大切です。特にオーディションの日の直前にいくら焦っても、そこまで声の質は伸びてはいきません。直前は、どうやってオーディション当日のコンディションをいい状態にしていくかが重要なのです。ボーカルのオーディションの前に、いろいろと練習しているはずです。それ以上の実力を付けようとするのではなく、それまで付いてる実力を確かなものにしていくことが大切です。ボーカルオーディションを受けるときには、本来の実力が出せないことの方が多いです。ボーカルの練習をしているときにも、そういったことを認識して練習しておいた方がいいでしょう。

いつも通り過ごすのも大切かも

ボーカルオーディションが近くなってきたら、のどを酷使する練習は避けた方がいいでしょう。いつも通り練習するか、調子があまりよくないならば練習量を減らすことも大切です。調子が悪いから不安になってもっと練習しないとと思うと、コンディションが悪くなる可能性が高くなってしまいます。オーディション直前は無理をせず、のどを労わってあげましょう。しかし、労わり過ぎて調子を崩すということもあります。適度にいつも通りに過ごす方が、緊張も和らぐかもしれません。適度に練習をし、体調を整える、これが大切だといってもいいのではないでしょうか。また、普段から人前で歌いなれていると、本番に強くなることもあります。友人や知人を集めて、オーディション前に披露するのも効果があるかもしれません。